IMG_20181219_095342

着物にも洋服にも合うバッグを見極めるコーディネート術

着物リメイクのAIKYOです。

今日は着物にも洋服にも合うバッグのお話をします。

基本的に今のバッグはすべて洋服に似合うように作られています。

それは和装用のバッグでもコーディネートさえしっかりすれば洋服にも似合うのです。

その逆で、

着物に合うバッグって結構小さいし、荷物が入らなくて困りますよね。

かと言って大きいバッグは持ち手が長くて着物と相性が悪いのです。

着物に似合うバッグの一番の決め手は持ち手です。

 

持ち手の穴?が小さめ、そして長さが短めであれば、

バッグの横幅が大きくても、マチが広くて幅広くても着物との相性はバッチリ。

持ち手が小さいバッグを選べばいいのです。

手が1個しか入らないサイズで小ぶりの持ち手のバッグとは相性バッチリです。

AIKYOのバッグは帯からリメイクして持ち手は本革でできていますので、結婚式などにも使用できます。

 

ポップアップ@山口

 

着付けの先生や茶道の先生にも気に入って使用して頂いています。

皆さんおしゃるのがサイズ感。着物に似合うつつもしっかり荷物が入るところです。

スマフォ、長財布、化粧ポーチ、雑誌1冊、くらいの荷物は入ります。

ポップアップ@新宿丸井本館

 

茶道の先生は生徒さんの名簿が入るサイズを探していて、AIKYOのバッグのサイズ感を気に入って頂けました。

また日舞されている方もマイ扇子が少し大きめなのでAIKYOのバッグはサイズ感がいいとおしゃっておりました。

 

着物以外でも洋服との普段にもバッチリです。またドレスとの相性もバッチリ!

 

 

帯バッグの詳細などこちらをご覧くださいませ。

AIKOのショップはこちらから